シニア猫のキャットフード選びのポイント

Posted by

猫を飼っている人の中にはシニア猫のお世話をしている人も少なくないでしょう。猫も人間と同じように年を重ねるために体の様々なところで衰えが現れるケースが多いです。衰えが現れると運動をすることができなくなったり、健康的に生活を送ることができなくなったりするので、飼い主さんの中にはシニア猫になる前から運動をさせて猫の体を健康的に維持しようと努めている人もいます。猫の体が衰え始める頃は8歳を迎える時です。猫の中には衰えを感じて寝てばかりいる子や、体が硬く、歯も抜けてしまう猫もいます。猫の種類によっても異なりますが、8歳を迎えたらシニア猫と呼ぶ人もいます。また、シニア食に切り替える9歳頃からシニア猫として扱う人もいます。

10歳を超えると猫は寝る時間が増加して、猫によっては一日中寝ている猫も珍しくありません。また、この頃になると毛に白髪が現れて老猫の姿になります。年を更に重ねると白内障になる猫や、人間の高齢者のようにボケ始める猫も珍しくありません。猫を飼っている人は既にシニア猫を飼っている人や、これからシニアを迎える猫がいる方は食事を見直したいと考える人もいるのではないでしょうか。

基本的にシニア猫に子猫の時に与えていたキャットフードを与え続けるとシニア猫の健康や生活を十分にサポートできない可能性もあるので、シニア用に変更する人が多いです。では一体どのようなポイントでシニア猫のキャットフードを選択すればいいのでしょうか。