シニア猫のキャットフードはグレインフリーで

Posted by

まず始めに挙げることができるポイントは穀物の有無です。実際に穀物は子猫に与えるキャットフードを選択する人でも含有量が少ないキャットフードを選択する人が多いです。その理由はアレルギーなどを発症してしまう可能性があるからです。確かに食物アレルギー性皮膚炎を引き起こす猫の中には獣肉など穀物ではない食物でアレルギー反応が現れる猫もいますが、実際に穀物でアレルギーになる猫は少なくありません。アレルギーになると痒みを引き起こすだけでなく症状が悪化すると最終的には食欲低下や嘔吐などを引き起こす可能性もあります。そのため、穀物が少ないものを選択する飼い主さんは少なくありません。

元々、穀物の消化吸収を得意としない猫に穀物を与えると内臓に影響を与えます。更にシニアとなると子猫に比べて内臓機能が低下している恐れがあるので、穀物が多く含まれる食事は好ましいと考える人は少ないのではないでしょうか。

現在ではグレインフリーなどの穀物を使用していないキャットフードが販売されており、それを購入して与えれば消化吸収をサポートしたり、アレルギー対策できたりする可能性があります。また、グレインフリーでなくても消化の良いイモ類が使用されたキャットフードを選択します。

参照HP→【ジャガー】プレミアムキャットフード|英国産こだわり品質のキャットフード