ポイントは着色料や香料が含まれていないこと

Posted by

シニア猫に与えるキャットフードを選ぶ時には着色料や香料などが含まれていないか確認をすることです。シニア猫に限ったことではなく、子猫を飼っている飼い主さんの中にも成分表示を見て添加物が使用されていないものを選ぶ人は多いです。基本的に着色料や香料は見た目を良くするため、においをつけて猫に食べてもらうために使用しています。これらの着色料には発がん性が懸念されており、癌へのリスクを少なくするために選択しない人もいます。

では実際にこのような添加物が使用されていないものを選ぶことでどのような利点を得ることができるのでしょうか。利点の一つとして挙げられるのが、添加物による健康リスクを低下できることです。特に子猫とは異なりシニア猫は幼い頃に比べて免疫力が低下している可能性があります。当然免疫力が低下していると風邪にかかったり病気を引き起こしたりする可能性もあるので、できるだけ健康にダメージの少ないキャットフードを選択したいものです。

実際に街中のホームセンターや通販サイトでは無添加と記されたキャットフードが販売されているので、シニア猫の健康を考えるのであれば、有害な人工添加物が含まないものを選択してあげましょう。