オリゴ糖が含まれているか高タンパク質か

シニア猫のキャットフードを選択する時のポイントはオリゴ糖が含まれているかどうかです。猫が年を取ると幼い頃のようには、健康で元気な排泄ができないケースもあります。例えば便秘になってしまったり、下痢を引き起こしたりしてしまうシニア猫も珍しくありません。下痢や便秘は腸内環境が好ましくない時に起こるケースもあるので、シニア猫の腸内をサポートするためにオリゴ糖が配合されているキャットフードを選択して腸内環境を整えている人もいます。

その他のポイントは高タンパク質であるかどうかです。例えば高タンパク質であれば少量で必要なタンパク質を摂取することができます。幼猫においては食べ盛りなので食欲が低下するケースは少ないです。多くの量を提供しても綺麗に食べてくれる猫が多いです。一方で、シニア猫に関しては年々食べられる量が少なくなります。しかし、必要な量のタンパク質は摂取しなければなりません。通常のキャットフードでは少量で必要なタンパク質を体に吸収させることが難しいケースもありますが、高タンパク質であれば少量で摂取が可能な場合もあります。

その他にもオメガ系脂肪酸が含まれていれば、がん予防や毛艶を保つことができたり、炎症を軽減する効果を期待できます。

ポイントは着色料や香料が含まれていないこと

シニア猫に与えるキャットフードを選ぶ時には着色料や香料などが含まれていないか確認をすることです。シニア猫に限ったことではなく、子猫を飼っている飼い主さんの中にも成分表示を見て添加物が使用されていないものを選ぶ人は多いです。基本的に着色料や香料は見た目を良くするため、においをつけて猫に食べてもらうために使用しています。これらの着色料には発がん性が懸念されており、癌へのリスクを少なくするために選択しない人もいます。

では実際にこのような添加物が使用されていないものを選ぶことでどのような利点を得ることができるのでしょうか。利点の一つとして挙げられるのが、添加物による健康リスクを低下できることです。特に子猫とは異なりシニア猫は幼い頃に比べて免疫力が低下している可能性があります。当然免疫力が低下していると風邪にかかったり病気を引き起こしたりする可能性もあるので、できるだけ健康にダメージの少ないキャットフードを選択したいものです。

実際に街中のホームセンターや通販サイトでは無添加と記されたキャットフードが販売されているので、シニア猫の健康を考えるのであれば、有害な人工添加物が含まないものを選択してあげましょう。

シニア猫のキャットフードはグレインフリーで

まず始めに挙げることができるポイントは穀物の有無です。実際に穀物は子猫に与えるキャットフードを選択する人でも含有量が少ないキャットフードを選択する人が多いです。その理由はアレルギーなどを発症してしまう可能性があるからです。確かに食物アレルギー性皮膚炎を引き起こす猫の中には獣肉など穀物ではない食物でアレルギー反応が現れる猫もいますが、実際に穀物でアレルギーになる猫は少なくありません。アレルギーになると痒みを引き起こすだけでなく症状が悪化すると最終的には食欲低下や嘔吐などを引き起こす可能性もあります。そのため、穀物が少ないものを選択する飼い主さんは少なくありません。

元々、穀物の消化吸収を得意としない猫に穀物を与えると内臓に影響を与えます。更にシニアとなると子猫に比べて内臓機能が低下している恐れがあるので、穀物が多く含まれる食事は好ましいと考える人は少ないのではないでしょうか。

現在ではグレインフリーなどの穀物を使用していないキャットフードが販売されており、それを購入して与えれば消化吸収をサポートしたり、アレルギー対策できたりする可能性があります。また、グレインフリーでなくても消化の良いイモ類が使用されたキャットフードを選択します。

参照HP→【ジャガー】プレミアムキャットフード|英国産こだわり品質のキャットフード

シニア猫のキャットフード選びのポイント

猫を飼っている人の中にはシニア猫のお世話をしている人も少なくないでしょう。猫も人間と同じように年を重ねるために体の様々なところで衰えが現れるケースが多いです。衰えが現れると運動をすることができなくなったり、健康的に生活を送ることができなくなったりするので、飼い主さんの中にはシニア猫になる前から運動をさせて猫の体を健康的に維持しようと努めている人もいます。猫の体が衰え始める頃は8歳を迎える時です。猫の中には衰えを感じて寝てばかりいる子や、体が硬く、歯も抜けてしまう猫もいます。猫の種類によっても異なりますが、8歳を迎えたらシニア猫と呼ぶ人もいます。また、シニア食に切り替える9歳頃からシニア猫として扱う人もいます。

10歳を超えると猫は寝る時間が増加して、猫によっては一日中寝ている猫も珍しくありません。また、この頃になると毛に白髪が現れて老猫の姿になります。年を更に重ねると白内障になる猫や、人間の高齢者のようにボケ始める猫も珍しくありません。猫を飼っている人は既にシニア猫を飼っている人や、これからシニアを迎える猫がいる方は食事を見直したいと考える人もいるのではないでしょうか。

基本的にシニア猫に子猫の時に与えていたキャットフードを与え続けるとシニア猫の健康や生活を十分にサポートできない可能性もあるので、シニア用に変更する人が多いです。では一体どのようなポイントでシニア猫のキャットフードを選択すればいいのでしょうか。